So-net無料ブログ作成
検索選択

横山? どこの山?(伊勢志摩めぐり) [旅・ドライブ]

先週末の三連休、 所用があったついでに、脚を延ばして伊勢志摩めぐり。 
そのときに登った?山?からの展望です。

APC245645.jpg

ここは(伊勢志摩)英虞湾を見下ろす展望台です。



お伊勢さん参りは数十年ぶり。 [車(セダン)]伊勢西ICで下りて内宮に向かいました。

*神宮参拝の順路は、多くの場合”まず外宮 からというのが古来からのならわし”とのことを後で知りました。 外宮と内宮は隣接しているものと思っていましたが、かなり離れています。 前回はかなり前なので、記憶が定かでありません。 近鉄で来れば伊勢市駅下車、自然と至近の外宮からの参拝になり、その後バスで内宮という順路になります。 

APC235525.jpg

五十鈴川に架かる宇治橋をわたり内宮(皇大神宮)へ。

折りしも、この日は天皇誕生日。 天長祭(てんちょうさい)なる行事が執り行われていました。

APC235506.jpg

天皇陛下の御誕生日をお祝いして、陛下のご長寿及び国民の平安をお祈りするお祭りです。

APC235508.jpg

内宮は天照大御神 をお祀りされています。

内宮、外宮とも御正宮(垣内)は撮影禁止なので、写真はN/A。

参宮道、 今は”おはらい町”通りと呼ばれる石畳の通りを戻って駐車場に戻ります。

APC235543.jpg

通りの中心は”おかげ横丁”。 ここは江戸時代の街並みでお土産屋、飲食店があり、まさに観光スポット。

時間があれば横丁をゆっくりのぞいてみるものいいでしょう。

APC235546.jpg

あの赤福の本店もあります。 
この通りはお土産も、食べ物もバラエティーに富み誘惑に駆られますが、次の予定もあり外宮へ向かいます。

外宮=豊受大御神(とようけのおおみかみ)をお祭り。 衣食住、ひろく産業の守護神とされます。

APC235573.jpg

内宮、外宮とも他の神社にはない厳かな雰囲気です。

近くの神社では家族、縁者の健康と無事安全をまず祈願しますが、なぜかここでは日本そして世界の平和・安全と幸せがもたらされるよう願わざるを得ません。  そんな想いに駆られる伊勢神宮でした。 

伊勢市を離れ、鳥羽の二見浦の観光スポット 夫婦岩へ。

ADSC01842.jpg

二見興玉神社は良縁と夫婦円満のご利益? 我々も参拝。

そして、私は粗大ごみとして見放されないように祈願いたしました。(笑)

鳥羽から大王埼へ。 

今は燈台守もいない観光スポットです。  岸壁の先端に灯台はあります。

ADSC01876.jpg

灯台の上は360度のパノラマ。 太平洋が一望。

ADSC01875.jpg

灯台横の公園からの夕景もキレイでした。

ADSC01898.jpg

駆け足での伊勢志摩めぐりの一日を終え、 この日の宿 賢島のホテルへ。

部屋からは英虞湾が一望できます。 

翌日朝起きてみると、英虞湾の日の出です。

APC245617.jpg

静かな内海で、真珠養殖、 岩ガキ、 青海苔の養殖場が多くあります。

APC245625.jpg

[船]英虞湾クルーズを楽しみました。 最初はエスパニャクルーズのエスペランサという大型船(下の写真の船)に乗るつもりでしたが、桟橋で漁業共同組合の小型船に翻意。

ADSC01927.jpg

小型船なので湾内の狭い通路の島々巡り、養殖筏も近くで見れるというフレコミに乗りました。 (笑)

 
ADSC01923.jpg

小さな島々の間の海には青海苔の養殖筏が一面。 ↑

ADSC01931.jpg

このあたりは真珠の養殖筏が多くあります。 波静かで穏やか、水深も深く内海。

遠くには、気になる立派な山並。 大台ケ原のようです。 百名山ですが未登の山。

ミキモトの真珠養殖場は素通りし[わーい(嬉しい顔)]、桟橋へ。
*エスパニャクルーズはミキモトに立ち寄るそうです。いいものを見せてもらうのはいいんですが・・ (笑)

ADSC01934.jpg

旅の最後は英虞湾が一望できる横山展望台へ。

APC245647.jpg

展望台まで車で行けますが、下のビジターセンターに駐車。 そこから10分余展望台へ登っていきます。

APC245646.jpg

更にその先のパノラマ展望台へ。 そこからの展望がTOPの写真です。

APC245642.jpg
nice!(30)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 30

コメント 23

斗夢

一生に一度はお伊勢さんを拝まなければと訪れたとき、赤福は例の件で店を閉ざしていました。その前で多くの人が記念写真を撮っていました。
展望台へ行けばよかった!
by 斗夢 (2012-12-27 05:39) 

mimimomo

おはようございます^^
ご夫婦の旅だったのでしょうか? 良い景色のところですね。まだ未踏の地。
何れ行きたいですが、伊勢神宮には夫はもう行ったようで、なかなか思うように行けないです。
by mimimomo (2012-12-27 09:33) 

nousagi

一度行ったことがありますが
すごい人で・・・。
夫婦岩、左の大きいのが奥様で
従っているような小さいのがJetさん?(笑)
その方が家庭円満ですよね。(^m^)
by nousagi (2012-12-27 10:32) 

PopLife

実に上手く切り取られた写真にまた今日も驚かされます。ではまた、
ありがとうございました。
by PopLife (2012-12-27 11:13) 

koh925

今年の春、妻の姉妹をつれて同じコースを案内しましたが
最終日は雨で、二見浦を断念しました
妻の姉妹は、80歳、77歳、69歳、毎年旅行をしていましたが
来年は難しいかな、と思っています

by koh925 (2012-12-27 17:32) 

tochimochi

お伊勢さん、行ったことはありませんが夫婦岩の写真は見覚えがあります。
仲良さそうでいいですね。
夕暮れの金色の海、日の出のオレンジの輝きを照り返す海、どちらも引き込まれました。

by tochimochi (2012-12-27 19:10) 

OJJ

お伊勢さんは10年ほど前にお礼参りしました。
夫婦岩の〆縄はこんなに大きかったのか~と驚いています。懐かしいです。こんなことやから今は完全にソトサマの支配下に・・・涙)
大王崎は30年ほど前に(高速道路が関までの頃)訪れました。宿舎の窓から直に釣りをしたのを思い出しました。
by OJJ (2012-12-27 19:42) 

sizuku

Jetstream777さん、こんばんは。
伊勢神宮もいつか行ってみたいと思っている場所です。
お参りする時、日本や世界の平和や幸せを思わず祈られたそうですが、
そんな気持ちにさせられる伊勢神宮にますます、行ってみたくなりました。
わたしは、いつも神社仏閣で家族の事や身近な人のことしかお祈りしたことなかったので、そんなおおらかな気持ちになってみたいですヽ(^。^)ノ

英虞湾のパノラマは絶景ですね。美しいお写真の数々に、海も良いなぁと思ってしまいました。内海のクルージングも楽しそうですね。
by sizuku (2012-12-27 21:17) 

のら人

伊勢志摩の旅ですか。
旅情が溢れ、素晴らしい写真の数々ですね。
入り組んだ入り江を見ると往年の九鬼水軍を思い出します。
この横山の様な、海の近くの小山。自分も好きですね。
以前、関西に住んでいた時は良く瀬戸内海の小島の小山を歩いていました。
風光明媚で素晴らしいですよね。
by のら人 (2012-12-27 22:10) 

テリー

伊勢神宮、10年以上前に行きました。
by テリー (2012-12-27 22:25) 

kuwachan

こんばんは。
伊勢神宮、名古屋に用事があって行った時に名古屋から日帰りで行ったことがあります。
外宮と内宮がこんなに離れているとは思わず、予想以上に時間が掛かったことを思い出しました。
志摩半島の方には行ったことがないので一度行ってみたいと思っています。
by kuwachan (2012-12-28 00:24) 

よしころん

お伊勢さん、独特の厳かな雰囲気がある場所ですよね。
訪れたのは20年以上前ですが、ぜひまた訪れてみたい場所のひとつです。
あ、赤福も ^^v
by よしころん (2012-12-28 08:49) 

Terry

伊勢は小学四年の頃行きましたよ。それっきりです。
山ばかり行っていると、海が眩しく恋しく見えますね。だから丹沢とか鳥海山から海が見えると感激するんですかねえ。うん?違うな、海を見ると「アジのたたき」を思い出すからか。
大台ケ原は残念でした。またの機会に。
by Terry (2012-12-28 13:50) 

ゆうくん

伊勢はいいですよね、子供達を一度連れて行ってあげたいです。

by ゆうくん (2012-12-28 20:21) 

ひろたん

だいぶ昔にいきました
懐かしいですよ。良いですよね
赤福もね^^
by ひろたん (2012-12-28 22:18) 

はるか

伊勢は海が美しいところですね。
20数年前に私も行きました。ミキモトの真珠は見事でしたよ。
まだ社会人になり立てだったので、一粒だけのネックレスを買いました。

赤福も美味しいですね。
関東からは少し遠いですが、良いところですね。
また行きたくなりました。


by はるか (2012-12-28 23:04) 

ken_trekking

一枚目の写真素晴らしいですね。
伊勢志摩要チェックです。

by ken_trekking (2012-12-28 23:07) 

Jetstream777

斗夢 さん、 おはらい町通りには赤福を売っている店がいっぱいありますね。 赤福本店は観光客であふれ、五十鈴川縁で赤福を食べている方が一杯でした。 昔から赤福は有名ですね。

mimimomo さん、 今回は墓参りで家内も連れて行きました。 そのついでに足を延ばしましたという次第です。 一度はお伊勢まいりしてください。 名古屋から近鉄で近いですよ。 外宮から内宮へまわってください。 !(^^)!

nousagi さん、 伊勢神宮はこの時期でも、参拝客が多いですね。(@_@)
夫婦岩? 仰る通り、 私が小さいほうです。逆らいません。 (笑)

PopLife さん、過分なお言葉恐縮です。 写真は一向に上達しません。(笑)

koh925 さん、 その記事拝見したと思います。 まだまだまだこれからです。 ご家族・縁戚の皆さまとの旅行が続けられることを願っています。
by Jetstream777 (2012-12-29 12:05) 

Jetstream777

tochimochi さん、 伊勢の海は穏やかで、夕景・日の出が綺麗に見えます。 山とは違った魅力があり、海も癒されますね。 いずれ一度はお伊勢参りしてください。

OJJ さん、 二見の夫婦岩、久しぶりにみましたが私もしめ縄の大きさに(@_@)。
今や小が大を制する世になりましたね。 (笑)
大王埼は漁港の街でもありますね。 湾には漁船がおおく係留されていました。

sizuku さん、 日本には著名な神社がありますが、ここが原点のように感じました。だからお祈りする気分も、より普遍的な思いでお祈りできるのでしょう。
私も普段は、家族縁者の健康、安全登山くらいしかお祈りしません・・ (笑)
横山展望台は散策コースにもなったいます。 海を見下ろしながらの歩きもいいですね。
by Jetstream777 (2012-12-29 12:06) 

Jetstream777

のら人 さん、 内海の島々をめぐるクルージングは楽しかったです。 船も昔ながらの小型船。 島の向こう側から水軍が出てきても違和感のないシチュエーションです。
この横山はチョット整備されすぎ、もう少しワイルド感があればいうことなしの散策コースです、山から見る英虞湾の眺望は素晴らしい。 !(^^)!

テリー さん、 志摩の海は撮影スポットがいっぱいありますよ。 次回は志摩のほうまで足を延ばしてください。

kuwachan さん、 私も外宮と内宮が離れてるなんて、しかも距離があるなんて思いもしませんでした。(@_@) 内宮のおはらい町通りの混雑にもびっくりしました。志摩めぐりもいいですよ!
by Jetstream777 (2012-12-29 12:07) 

Jetstream777

よしころん さん、 伊勢といえば赤福ですね。 昔からよく食べました。 (笑)
時間があれば、熊野古道や大台ケ原に足を延ばしたいですね。

Terry さん、 塔ヶ岳の太平洋、鳥海山からの日本海の眺めはなぜかホッとします。 鯵のタタキ、いいですね。!(^^)! 大台ケ原には来年行こうと思います。

ゆうくん さん、 お子さまを連れてのお伊勢参り。 日本の昔の歴史を織りなす場所です。 西日本の方は修学旅行で訪れるスポットですね。 私も昔行きましたが、よく覚えていません。 (笑)
by Jetstream777 (2012-12-29 12:07) 

Jetstream777

ひろたん さん、 多分修学旅行で行かれたのかな? 今や赤福は東京でも、神戸でも買えますね。 私は粒あんが好みですが、あの赤福の上品なこしあんは別格ですね。 !(^^)!

はるか さん、 真珠といえばやはりミキモト。いい真珠はいい値段ですね。 (笑)
先輩がミキモトに勤めていたので、分けていただきました。

ken_trekking さん、 展望台は南向きなので、逆光になってしまいます。 多分夕方がベストショットが狙えるでしょう。
by Jetstream777 (2012-12-29 12:08) 

opas10

お伊勢さん参り、10数年前に行きました。あの頃はまだ建築マニアじゃなかったので折角の近鉄伊勢市駅もじっくり拝まずに通り過ぎてしまいました、今にして思えば勿体ない!横山からの眺めは素晴らしいですね、これぞ美しい日本!
by opas10 (2012-12-30 13:08) 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。