So-net無料ブログ作成

プランドゥエギュイ~モンタンヴェール Ⅱ [海外の旅&回想]

プランデュエギュイ小屋からは絵に描いたようなトレッキングコース。

A70EM510596.JPG

コース後半最後のピークを越えた先には圧巻の風景が待ってました。

* * * * * * * * * * 7月11日



A42EM510541.JPG

右のピークはエギュイ・デュ・プラン3,673M、左はエギュイ・デュ・プレッチール3,522M。Grand Balcon Nord と呼ばれるトレッキングコースを東へ。

A45P7110271.JPG

赤い針峰群。 あちらから見たシャモニー針峰群の眺めが気になります。

A49P7110274.JPG

⑮ 名前のわからない花  キク科 アデノスティレス? ヨーロッパ固有の種?

A43EM510543.JPG

岩稜帯なので麓でも標高2,000Mくらいですので岩場も出てきます。

A50P7110276.JPG

⑯ ⑬と同じ花 エゾムラサキ?(g_g さんにアドバイスいただきました。)

A46EM510547.JPG

写真では色映えせずちょっと荒涼たる感じですが、真っ青な空なら違う印象だと思います。

A53P7110279.JPG

⑰ 今回はじめて見る花? 綿のような感じ。

A47EM510548S.JPG

アルペンローゼと黄色い花。谷を挟んでブレヴァンから赤い針峰群の稜線。

A54EM510559.JPG

眼下にはシャモニーの街。

A48EM510552.JPG

風もなく 雲っていますが遠くの山も眺められます。

A55EM510560.JPG

左端の山はエギュイグランシャルモ・グレモン、真ん中はエギュイデュプレッチール、一番右端はエギュイデュプラン。

A57EM510564.JPG

やや下りの水平道でしたが、このあたりから登り基調。アップダウンが続きます。

A58EM510567.JPG

右のプレッチールは鋭い尖峰。 ヨーロッパアルプスはピークハンティングよりもトレッキングが一般的ですが、ピークハンティングをしようとするならロッククライミングの技術を必要とする山が多く、トレッキングが主流となっているのは頷けます。

A60EM510575.JPG

小屋を出てから約55分で分岐にでました。シャモニーへ下る道との三差路ですが地図をみると距離ではまだ半分にもなりません。14時25分まえですが、最終下り登山電車には2時間あるので大丈夫 余裕があるはずです。

A61EM510580.JPG

針峰群にガスがかかって幻想的なイメージですが、天気が持つか?

A62EM510583.JPG

アルプスリンドウは多く見かけます。 このあたりは氷河から溶け出した水が沢となり、渡渉しなければならないところが数カ所ありました。

A64P7110282.JPG

⑱ 黄色い花、よく見かけました。 ミヤコグサ?

A65EM510586.JPG

再び登りに差し掛かりますが右へ巻くので、ここエギューデュミディ方面の展望は視界からなくなりそうです。

A66EM510588.JPG

振り返って眺めると西側から雲が多くなってきます。

A67EM510589.JPG

プランデュエギュイ駅と隣のカフェ、ボッソン氷河をアップで撮ってみました。

A68EM510593.JPG

このあたりからは岩稜帯の道。

この先を尾根沿いに登っていきますが、このコースで一番キツイ部分に差し掛かりました。

登山者もこの登りで詰まってきますし、時たまポツリポツリとした水滴が・・雨です。写真を撮ることなくひたすら登ります。

A69EM510594.JPG

急登を登り切ると視界が開けてきました。エギュイ・デュ・ドリュー、鋭く尖ったピーク 通称ドリューです。このコースはトレランの方も多いです。

ここで小休憩しようとしたら雨がポツリポツリ、雨具上着を着て先を急ぎます。

A70EM510595.JPG

ルシグナル 標高2,204Mのピークです。雨もやみ雨具を脱いで小休憩。ここは絶好の展望ポイント。

A71EM510597.JPG

グランドジョラスとヴェルト針峰群、レショウ氷河、シャモニー最大の氷河メールドグラス。

A72EM510598.JPG

どこから見ても際立つ尖峰ドリュー。

A73EM510599.JPG

ヴェルト針峰群とレショウ氷河。

A74EM510600.JPG

メールドグラスの谷を見下ろすと氷河から流れ出た幾筋の滝。モンタンヴェールのホテルも見えます。あそこまで下ると駅はすぐそばです。

A75EM510603P.JPG

谷の向こうにはエギュイルージュ、赤い針峰群。あの麓に今回登れるのかな? なんとしても行きたい場所がありました。今年度のロープウェイ運航が中止となり、今年のトレッキングツアーはとりやめになった云われるコースです。

A76EM510606.JPG

メールドグラスが見れる位置に移動して撮ってみました。晴れていれば見栄えしますが・・ちょっと残念。

A77EM510607.JPG

グランドジョラスと針峰群。アルプス三大北壁は雲の中。

A79EM510611.JPG

ホテルモンタンヴェールからモンタンヴェール鉄道駅への途中から。

A80EM510617.JPG

メールドグラス駅、氷河に下るケーブルカー駅も併設。ここで初日のトレッキングは終わりました。足慣らしが目的でそれほど期待感は持っていませんでしたが、多くの花と針峰群の絶景を見ながらの山歩きは感動的で予想外、印象に残りました。

プランドゥエギュイ~モンタンヴェールR1.jpg

赤いコースが事前にダウンロードしたコースです。実際に歩いたGPSのトラックは青線で表示されてます。赤いコースの標準タイムは2:15分となっていました。今回我々が歩いたルシグナル経由のコースは3時間がコースタイムですが、花や風景を楽しみながら歩くなら4時間、小屋で食事休憩をするなら5時間は見ておいた方がよいでしょう。私たちが中間駅のカフェを出たのは11:45、モンタンヴェール駅に着いたのは16:15ですから4時間半です。

この日 このコースでお会いした日本人はメールドグラス駅へ下る途中で女性2名のみでした。ガイドさんに案内されながらシニアの方が頑張って歩かれていました。木曜日でハイカーの数も思ったより少なく山歩きに慣れた方がほとんどで、静かな歩きを楽しめましたが週末は多くのハイカーが訪れるでしょうね。

A80EM510618.JPG

16:30の電車に余裕をもって乗れましたが、まだ後続の臨時便があるようでした。

A81EM510622.JPG

シャモニーを街を眺めながら電車で下ります。

A82EM510624.JPG

シャモニー、モンタンヴェール鉄道駅です。

A85EM520627.JPG

ホテルへ戻る途中、シャモニーの観光案内所に寄ってみました。フランス語はNGです(笑)が日本人スタッフがこの日は在勤。事前にプランは立てていましたが、残り2日間の行程を相談。フレジュールとグランモンテ、それぞれリニューアルとメンテナンスで運悪く今シーズンのロープウェイは運航停止。グランモンテの代替として午前はブレバン展望台、午後はニーディグルへ行くことにしました。そして今回最も期待していた山上の湖ラックブランへの日帰りはフレジュールへのロープウェイが前提です。スタッフの方云く「今年は日本のトレッキングツアー会社はラックブランははずしている。」とのことですが、なんとか日帰りで行ける方法はないか相談してみました。

nice!(40)  コメント(18) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 40

コメント 18

mimimomo

おはようございます^^
確かにこれで晴れていれば言うこと無しでしょうが、こう言うところまで行けるってことが素晴らしい。凄い景色ですものね。日本では見ることのない尖った山々、そしてお花たち。トレッキング一日目、お疲れさまでした^^
by mimimomo (2019-08-04 06:44) 

のら人

半袖半ズボンの方がいますが、気温はどうなんでしょう。
暑いのかな? ^^;
by のら人 (2019-08-04 07:38) 

kazeneko

曇っていてもゾクゾクする風景ですね!

by kazeneko (2019-08-04 10:00) 

michi

顔料地帯を歩く。画面を見ているだけで、その場にいるように“ワクワク”します。雄大な景色の中のトレッキング、歩いてみたいという誘惑が・・・・・、ひしひしと・・!!

by michi (2019-08-04 17:23) 

g_g

独特な針峰群がこちらでは見慣れないので見事な景色で圧倒されそうです。
花調べてみました、15はAdenostyles alliariaeのような気がします。
16は日本のエゾムラサキの酷似してます、因みにMyosotis sylvaticaと書いてありました。18は日本ではミヤコグサ、俗に言うヨーロッパミヤコグサかも。
これはLotus corniculatus var. corniculausと書かれていました、参考までに
して頂ければと思います。
by g_g (2019-08-04 18:48) 

tochimochi

>ヨーロッパアルプスはピークハンティングよりもトレッキングが一般的
そうでしょうね、こんな尖峰群は登れませんよね。
迫力の風景を堪能させていただき、ありがとうございます。
ちなみに黄色い花はセイヨウミヤコグサかも、七ヶ岳でいっぱい咲いてました。
by tochimochi (2019-08-04 22:13) 

kuwachan

かなり高いところまでロープウェイやゴンドラで行けるのが凄いですよね。
観光案内所に日本人スタッフがいるということはそれだけ日本人が来るということですね^^
by kuwachan (2019-08-04 22:21) 

Jetstream

ご訪問、NICE、コメント戴きありがとうございます。とりあえず御礼、こんばんは失礼いたします。ご容赦のほどを。
by Jetstream (2019-08-04 22:57) 

creeker

尖ったピーク、圧巻の眺めですね!
素晴らしいスケールに圧倒されました^^
by creeker (2019-08-04 23:28) 

よしころん

う~ん、絶景かな絶景かな!
by よしころん (2019-08-05 07:13) 

はるか

花々も山々も素敵。スイス~。いいですね。本当に素晴らしい。
by はるか (2019-08-05 11:26) 

OJJ

文字通り天を突く鋭い岩峰に圧倒されています!
やっぱり黄色い花が多いのですかね~
by OJJ (2019-08-05 18:13) 

asa

うらやましい×10ですね
この景色なら「天気いまいち」なんて贅沢というもの。
by asa (2019-08-06 09:51) 

Jetstream

mimimomo さん、おはようございます。日本の山も素晴らしいですが、このような鋭い針峰群は日本では見られません。眺めて楽し見ながら歩くというスタイルの山旅もいいですね。!(^^)!

のら人 さん、シャモニー滞在時は気温が低かったです。半袖半ズボンの方はトレランです。このあたりはモンブラントレイルで有名、トレランの方が多いです。でもマナーがいいですよ。必ずボンジュールとあいさつ。!(^^)!

kazeneko さん、 曇っている針峰群も神秘的でいいですね。!(^^)!

michi さん、シャモニーだけでも十分楽しめそうですよ! できればもう一度行きたいです。
by Jetstream (2019-08-06 12:46) 

Jetstream

g_g さん、花の名前教えていただきありがとうございます。大変参考になります。よく花をご存じで、さっと分類できるのは流石ですね。折を見て追記しておきます。これからも花が出てくるのでどうぞご教示ください。よろしくお願いします。

tochimochi さん、登りたいけど登れない針峰群。(笑)見て楽しむだけにします。黄色い花はミヤコグサでしょうね。日本なら花のパンフレットや掲示板があるんですが・・・なかなか特定できないですね。

kuwachan さん、富士山よりも高いところへ20分くらいで行けるのはいいです。シャモニー観光局、日本語のスタッフの方親切でした。なんと日本食レストランまで予約していただきました。日本人以上に多いのはC国です、ホテルにはK国多く騒々しい。マナーがちゃんと守れる方なら歓迎ですが・・
by Jetstream (2019-08-06 12:46) 

Jetstream

creeker さん、 スイスアルプスもいいですが、シャモニーはアルプスの要素が凝縮されて、眺めも素晴らしいです。

よしころん さん、次から次へとシーンが変わり立ち止まります。!(^^)!

はるか さん、シャモニーはフランスですが、グリンデルワルドやツェルマットにならぶ山岳の街、高山植物も見れます。

OJJさん、この地域で多いのはアルペンローゼです。黄色や紫の花が多いです。針の山です。(笑)

asa さん、そうですね、この天気なら上々ですね。天気ががかりでしたが雨は一日朝方だけでした。過去の天気は7月上旬が一番安定しています。
by Jetstream (2019-08-06 12:47) 

伊閣蝶

歴史のあるアルプスのトレッキングルートだけあって、素晴らしく整備されたさまがお写真からもうかがえます。
それにしても、ドリュの勇姿が光りますね。

by 伊閣蝶 (2019-08-16 13:38) 

Jetstream

伊閣蝶 さん、こんばんは。ドリューの尖りは傑出してますね。ここはGrand Balcon Nord と呼ばれ、人気のコースです。登山道はいろいろと演出してあります。
by Jetstream (2019-08-16 21:53)