So-net無料ブログ作成

国境を越えてスイス・ヴァリスの山里へ [海外の旅&回想]

シャモニーから国境を越えてスイスへ。

B00P7140486.JPG

峠を下って、その先のローヌの谷にある Buerchen という小さな集落に向かいます。

* * * * * * * * * * 7月14日

シャモニーからスイス・ビュルヘンへの移動日です。

B01EM540931.JPG

朝起きてホテルのバルコニーから見ると朝焼けのエギューデュミディ。

B00DSC_0292.jpg

チェックアウトして、シャモニーのお土産を物色しに出かけました。これといって買いたくなるようなものはなく、シャモニー観光局の売店でTシャツを買ったのみです。

写真のように雲がほとんどない青空ですが、この日は移動日。

ホテルに戻って車をピックアップ。シャモニーでは車は不要でしたので4日ぶりの運転です。(ジュネーブではなく、シャモニーでレンタカーした方が経済的だったと思います。)

旅行ルートC.jpg

フランス・スイス国境を山越えしヴァレー(バリス)の谷を東に進みます。ビュルヘンまでは距離で約130KM、車で2時間です。

週末で登山・観光客が多いアルジャンティエールの街を通り過ぎると、山越えに入ります。

B02P7140476.JPG

モンテ峠 Col de Montets。 標高1,481Mとシャモニーよりも400M以上高い、ラックブランへの東の登山口です。なんとヴェルト、シャモニー針峰群やエギューデュミディ、モンブラン山群まで見えます。この日は雲もない青空。一日違いでちょっと残念・・・モンテ峠からのコースもよさそうです。

B04P7140480.JPG

フランス・スイス国境ですが、パスポートチェックもなし。

B04P7140485.JPG

国境を越えてからが本格的な上りになります。Col de La Forclaz 標高1,538M という峠を越えてくねくねと曲がった下りを走行。車幅も狭い部分あり、恐る恐る下ります。(笑)

B04P7140486.JPG

山岳地帯を抜けてMartigny マルティニーの街へ下ります。下ったところが交通の要衝、 北はレマン湖沿いのモンテレー、ローザンヌ、南はセントベルナルド峠からイタリー・アオスタへ。我々は先に見えるローヌの谷を東へ、ヴァリスに向かいます。

B04P7140490.JPG

マルティニーから高速道路に入り、シオン・シンプロン方面に入ります。通行料金はすべてDebit Card で支払い、現金(スイスフラン)は不要です。

B05P7140499.JPG

ローヌの谷の北側には多くのブドウ畑が見られます。ワインの名産地で、南向き斜面で存分日日差しを浴びて育つブドウからは極上のワインが生まれるとのことです。

C00P7170807.JPG

古城もあるシオン(サイオン)Sion はスイスでもっとも美しい村のひとつと云われます。(これはイタリーへ移動する17日に撮った写真です。)ワイン畑を散策するコースもローヌの谷やレマン湖沿いにも多くあり眺めもよく、時間があれば訪れてみたいものです。

この道はモンタナやロイカバードといった山岳リゾートにもアクセス、またイタリア国境と接する山岳地帯への道でもあります。谷を挟んで丘陵一面に広がるワイン畑とアルプスの山々を見ながら走るドライブルートは爽快です。

B06P7140501.JPG

シエールを過ぎ、高速道路を降りるとのどかな田園風景の道。このあたりからフランス語圏からドイツ語圏に入ります。

B06P7140503.JPG

ビュルヘン Buerchen への道標がありました。ここを入りますがもう少し先のフィスプVISPという街から入ったほうが多分近いです。

ここからは山道で一車線の対面通行、久しぶりの右側通行左ハンドルで細心の注意を払いながら運転。幸い谷側は左です。

B08P7140507.JPG

Unterbach の集落、この先がBurchenです。

B09P7140511.JPG

ここから Burchen(Buerchen) です。

Buerchen GE Map2.jpg

どんな場所にあるかというと、ローヌの谷の南側の標高1,300~1,500Mの丘陵地にあります。上の3D地図の右下がUnterbach、そこから1車線の狭い山道を登っていきます。

B10P7140513.JPG

Burchen の村に入りました。標高1,300M~1,500Mの丘陵地に集落が点在。ここはスイス・ヴァリス(ヴァレー)州、マルティニーからブリッグ、フィーシュまでローヌの谷に沿ったスイス南部の地方です。この南にはザースフェーやツェルマットといった有名な山岳リゾートもありますが、ビュルヘンという名前はほとんどの日本人にはわかりません。実は私もBurchen(Buerchen)という名前を聞いたのは初めてです。

B30P7150547.JPG

この先が BURCHEN/MOOSALP です。ドイツ語ですが地元観光局のホームページがあります。日本にはほとんど知られていませんが・・・・。

宿はもうすぐ, 近くのはずです。

Buerchen Map1.jpg

なぜこんな場所に宿を決めたのかという理由ですが、① ローヌの谷にある山岳地域へのアクセスがよいこと。アレッチ氷河ザースフェー(ミシャベルアルプス)、ツェルマットモンタナ(ロイカバード)へは車で大よそ1~1.5時間くらいで行けます。② 偶然見つけた宿が希望にピッタシ。ペンションタイプでキッチン付き、広さも約75m2、洗濯機も設置されてます。③ 山里にあり静かに過ごせそう。・・・ということですが、きっかけは山好きのご夫婦のブログでした。10年くらい前の記事ですが Burchenにあるアパートを借りて1週間ほど周辺の山登りされた記事を拝見。毎日移動しなくても車でBurchenをベース基地にした方が天候、体調、気分に合わせてフレキシブルに予定を組める、自由に行動できるというヒントを戴きました。Booking comで検索してみました。同じアパートはありませんでしたが、上述した通りちょうどいいペンションが見つかりました。

B11DSC_0300.jpg

ちょっとメインの道路から離れているんでわかりにくく時間がかかりましたが・・

B11P7140564.JPG

ここです。シニアのご夫婦がオーナーのペンションです。駐車場はメインの通りにありますが、歩いて数百メートルあります。遠すぎるんで、未舗装の小径から入ってペンションの横にあるスペースに停めさせてもらうことにしました。

B12P7140521.JPG

部屋は1階Ground Floorで、庭付き - Apartment with Mountain View というタイプ。オーナーは2階に住んでいます。 アジアからのゲストはほとんどないようで、私が英語を話せれるのがわかってほっとしたようです。(笑)

B13P7140526.JPG

そしてアルプスの絶景の眺め付きでした。ローヌの谷を挟んで標高3千Mクラスの山並みが続きます。正面を見下ろせば集落が点在する山里の眺め。

B18P7140515.JPG

南西の角部屋はリビングルーム。

B17P7150531.JPG

キッチンとダイニング。冷蔵庫、レンジ、オーブン、トースター、鍋やお皿・・とすべて揃ってました。今回もプリムスのガスバーナー(カセットは現地で)や一部食器を日本から持ってきましたが、まったく使いませんでした。

B19P7140519.JPG

西側には3ベッドルーム。築年数はかなり経年した古い建物・備品ですが、きちんとメンテされ清掃も行き届いています。

B19P7140520.JPG

窓からの眺め。遠くモンタナの山々まで遠望できます。

B20P7140518.JPG

北側は2ベッドルーム、2部屋で合計5名まで泊まれます。

B20P7140516.JPG

窓からは谷を隔てて聳え立つアルプスの峰と氷河、地図で調べて見ましたらWilerhorn3,302MとBletschorn3,934M と3千M級です。

あとはトイレ、バスルーム、化粧室。あわせて75m2 とゆったりしてます。日当たりのいい西側には庇もあり、物干し台も使えます。3泊、清掃代込みでCHF 483-(ネットで決済済) 1泊@CHF171-ですが、家族や友人5名まで泊まれますのでファミリーにはお得かもしれませんね。このペンションは夜間のパーティーは禁止という宿泊条件ですので、静かな環境を望む我々には好都合です。冬はスキー客が多いようです。もちろんWi-Fiはあり。

B14P7140529.JPG

庭から見下ろすと、マッチ箱のような家並みの集落。周辺には至るところにハイキングコースがあるようです。オーナーに近くにある現金ATMに案内してもらって Debit カードでスイスフランを引き出しておきました。

シャモニーでの4日分の洗濯を済ませたあと、少し下ったところにあるスーパーマーケットへ車で買出しにでかけます。

B21P7150552.JPG

フォルグ VORG という地元のスーパーマーケット。小さな店ですが日本のコンビニみたいで、ワインから雑貨まで品ぞろえは限られてますが一通り揃ってます。この日の夕飯は持参したカレーライス。+++現地調達した 野菜+スモークサーモンサラダ、ピクルス、ヨーグルト、果物 そして白ワインです。お味噌汁と日本茶は毎食飲みますので、ミネラルウォーターはまとめて2日分買っておきました。日本から持参したのはアルファ米(白米、五目御飯、炒飯)レトルトカレーのパック、天丼のもと、のり、生姜のチューブ入り、梅干し、うどん・ラーメンのパック、味噌汁のもと・・・等々簡単に出来るもの。朝食はVORGで買ったトースト・パンがメイン。近くに2~3スイスレストランがありますがスイス料理の味はわかってます・・肉、ハム、ソーセージ、チーズ、ジャガイモが多く、オイリーでクリーミーな味付け。これを毎食食べ続けるのはToo Much !  スイスの外食は値段も高いです。


B14P7140527R.JPG

ローヌの谷の先にはモンタナの山群、隣のUnterbachの集落・・広々としたアルプスの山里風景、こんなところに居れば日常から脱却出来そうです。

Burchenに3泊滞在を予定。周辺には素晴らしい山岳リゾート・観光地が多くありますが行動できる日は2日間のみです。ミシャベルアルプス(ザースフェー)とアレッチ氷河沿いのトレイルを計画していました。この日の晩は冷え込むようで翌日の昼過ぎまでは [晴れ][曇り] と天気が良くなさそうですのでザースフェーは断念、午前は休養、午後は近郊を散策することにして [晴れ] 予報の3日目はアレッチ氷河トレイルに出かけることに決めました。

nice!(42)  コメント(15) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 42

コメント 15

tochimochi

ヨーロッパアルプスを眺めながらのドライブは爽快ですね。
アパートをベースにして歩き回るというのも素晴らしい。
さすが準備に抜かりの無いJetさんです。
気になるのは天候ですがまたダイナミックな景色を眺められたのでしょうね。
by tochimochi (2019-08-25 21:50) 

のら人

パラセーリングしてますね。
こんな場所で空を飛んで景色を眺めると素晴らしいでしょうね。^^
by のら人 (2019-08-26 06:19) 

mimimomo

おはようございます^^
何だかワクワクする計画ですね~♪
移動日、お天気が良くて何よりでした。狭い道、景色も見えないようでは
怖いだけですものね。
素晴らしい景色をお供にドライブ。着いた先も素敵なペンションでしたね^^
by mimimomo (2019-08-26 06:33) 

g_g

運転しながらで素晴らしい景色を堪能できるるので
私ならこれで満足しそうです。
右側通行で運転したことが無いので間違いそう・・・
旅慣れているので準備も怠らないようですね。
by g_g (2019-08-26 11:03) 

OJJ

雪渓、岩稜をバックにした古城、良い雰囲気ですね~ここでも人間は生きているんだ!
見知らぬ異国を次々見せて頂いて、『五目御飯、炒飯)レトルトカレーのパック、天丼のもと、のり・・・』笑いました~~~
by OJJ (2019-08-26 11:10) 

koh925

どこを切り取っても大きな景色ですね
道路から見る山に圧倒される思いです、先が楽しみです
by koh925 (2019-08-26 16:49) 

achami

こんなステキなロケーションでのドライブはため息ばかりですね〜。
もう山歩かなくてもいい!!って程、充分楽しめちゃう^^
ただ運転に慣れた頃に、帰国になりそうですww
by achami (2019-08-26 21:58) 

nousagi

こんな素敵なところに滞在して
気ままにハイキングなんて最高ですね。
普通のホテルより気楽で
自分らしい旅になりますね。
by nousagi (2019-08-27 15:40) 

テリー

こういうペンションに滞在して、ゆっくり、トレッキングを楽しむのもいいですね。
by テリー (2019-08-28 10:04) 

kazeneko

ペンションからの眺めだけでも泊まる価値ありますね!
by kazeneko (2019-08-28 19:39) 

Jetstream

ご訪問、NICE、コメント戴きありがとうございます。
後ほどレスさせていただきます。いつもレス遅れてスイマセン。
by Jetstream (2019-08-28 22:49) 

Jetstream

tochimochi さん、ドライブだけでも楽しいです。毎日荷物をパックして移動するのは面倒ですので、1時間ちょっとくらいならその方が楽で落ち着けると思いました。天気は◎ではないですが〇でよしとします。!(^^)!

のら人 さん、 パラグライダーだと違う視点から見れて楽しいでしょうね。でも慣れるまで怖いかもしれません。
by Jetstream (2019-08-29 08:18) 

Jetstream

mimomomo さん、移動日も天気がよいことに越したことはありませんが、山歩きの日にピカピカなら一層いいですね。広い道はいいんですが、狭い山道は注意して運転しなければなりませんが、レンタカーのお陰でアルプスらしい山里、宿へ行けました。

g_g さん、車だと自由に行動出来ますが、慣れない右側通行左ハンドルは気を使いますね。安全性を重視して日本でいう3ナンバーのドイツ車をレンタしましたが、もう少し車幅の狭い5ナンバークラスのほうが山道にはいいかもしれません。
by Jetstream (2019-08-29 08:25) 

Jetstream

OJJさん、新しい場所を訪れるのは楽しいですね。山国では海のものおいしくないし、肉類が中心で味付けもヘビーです。やっぱし日本食はおいしいです。!(^^)! シャモニーでも結局3晩日本食を食べに行きました。(笑)

koh925 さん、日本の山岳風景もいいんですが、スイスは道路網が発達しているんで車からでもいい眺めが楽しめます。
by Jetstream (2019-08-29 08:33) 

Jetstream

achami さん、仰る通り、登らなくても十分景色、花が楽しめます。運転もだんだん慣れてきますが、すぐ帰国です。(笑) 道路、山の乗り物、山小屋 すべてが日本よりも整備されて快適です。

nousagi さん、山奥でレストランや店は少ないんで、こうしたアパートタイプの方がいいと思って手配しまたが大正解でした。ホテルよりずっと快適でした。

テリーさん、車があったんで、こうしたペンションに泊まることが出来ましたが広いし、庭もあって最高でした。もし次回スイスに来れる機会があれば、ペンションかアパートを借りるつもりです。

kazeneko さん、そうなんです。庭が展望バルコニーです。ちょっと不便な山里ですが、満足度は★★★です。!(^^)!
by Jetstream (2019-08-29 08:47)